【速報】はなちゃんの移植手術が行われました。まだ予断を許しませんが・・

ご無沙汰してます。
父親が脳梗塞発症のためにバタバタしてます。
そんな中大きなニュースが入って来ました。
文章をそのままコピペで長いですが、取り急ぎご案内まで。
d0239781_12014027.jpg


【はなちゃんを救う会よりご報告】

アメリカ時間2月22日16時頃はなちゃんにドナー様との巡り合わせが訪れたと連絡があり、2月22日23時頃より移植手術が行われました。

病状が悪化している、しかも体重の小さなはなちゃんには、リスクの大きな手術でしたので、心配も強く手術が無事終わるまで報告できずに申し訳ありません。
が、8時間を超す大手術をのりこえ無事ICUに戻ったとの報告が入りました。

72時間は拒絶反応の心配もあり予断を許さないとのこと。
また、現在の術後の経過ですが、まだまだ安定せず、乗り越えなければならない壁がありますが、私達ははなちゃんの回復を信じます。皆様にも引き継ぎ、はなちゃんのために祈っていただけたらと思います。

まずは、心臓移植手術が叶いましたこと
応援いただきました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

それと同時に
ドナー様が現れたということは
一つの小さな命が旅立ってしまったという事。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
また、我が子を失った極限の悲しみの最中、尊い決断ではなちゃんの命を繋いでくださいましたご両親に心より心より感謝いたします。

近くはなちゃんの様子が
わかり次第またご報告させていただきます。

2017年2月24日
はなちゃんを救う会一同

~両親より~

花愛を応援して下さった皆様へ

アメリカに渡航して約3ヶ月半の現地時間2月22日、ドナー様との巡り合わせがあり、娘、花愛は新しい命を授かりました。
手術中、幸々花とお別れした日の事、そしてこの1年が走馬灯のように駆け巡りました。
深い悲しみの中、臓器提供という決断をして下さったご家族様に、敬意と哀悼の意を表しますと共に、ドナー様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。
繋いでいただいた命のバトンをしっかりと受け止め、大切に一生をかけて守っていこうと強く心に誓いました。

昨年の2月28日、花愛は補助人工心臓を装着しました。これまで花愛の命を繋いでくれた補助人工心臓はもうありません。

閉胸しICUに戻って来ましたが、術後数時間で中心静脈圧が上昇し右心の動きが弱くなってしまいました。再度開胸し胸を開いた状態で経過を見ていく為、なかなか安定せずご報告が遅くなってしまい大変申し訳ございません。

容態の安定をはかるとともに、数日間は鎮静剤を使用し眠っていますが、花愛が目をあけた時真っ先に声をかけてあげられるよう、引き続き花愛のそばで支えていきたいと思います。

ご支援して下さった皆様には、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
無事に日本に帰国し元気な姿を皆様にお見せする事で恩返しができたらと思います。
引き続き見守っていただけたら幸いです。

本当に本当にありがとうございました。

2017年2月24日
岩倉 永幸、雅子


[PR]
by nosaphoto | 2017-02-24 12:04 | Comments(2)
Commented by misarin-1126 at 2017-02-24 16:48
Nosaさん! ご無沙汰してました^^

お父様大変な時にご報告をありがとうございました。
急いで、ブログに飛んで戻ってきました。
鳥肌の立つ嬉しさです・・・。
はなちゃんの生きる力に新しい命が加わりWのスタートを切ったのですね。
小さな命のともしびに哀悼の意を表してアーメン。
神様は、はなちゃんに生きる命を与えてくださって感謝します。

今は、沢山の管に繋がれてますがその管がはなちゃんの生命力にて1本ずつ減り回復を心より祈ります。
皆様の善意に支えられよくここまで頑張ってくださったご両親さまとはなちゃん。
少し休みながらも乗り越えてほしいです。

Commented by nosaphoto at 2017-02-24 19:49
misarinさん、こんばんは。

良かったです。本当に良かった。
皆の祈りが通じました。
亡くなったドナーの方も、ここで生き続けていかれると思います。
元気に故郷に戻って来られることを信じています。
<< 5月に個展を開きます 青空展 >>