<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

個展は12月を目指して検討中

大量のプリントをして展示会の打ち合わせを始めました。
どうも12月辺りで開催かなという感触です。
しかし常にプリントまで詰めておかないとダメですね。
ディスプレイの透過光ではOKでも、プリントして反射光で見るとNGなんていうのが何枚か出てきます。
少なくても季節ごとに一度は見直して、ブックを作っておかないとプリント地獄です。

てことで、東京地区に縛り付けられてるので写真は去年の飯山の菜の花です。
散りかけの夕方でした。
d0239781_15324980.jpg

展示会についてはまたお知らせします。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-29 16:13 | 展示会 | Comments(0)

みんな桜色

夕陽が沈んで空も池も桜色に染まりました。
d0239781_16335772.jpg

桜の特集も今回で終わりです。
少々時間を置きながらやってたのは、大量のプリントをしつつブックを作ってた為でした。
ブックと言うのは作品を紹介するためのアルバムみたいなものです。
それを使ってテーマの確認や展示をするかどうか等等の打ち合わせを始めます。
その結果や途中の様子などご案内していく積もりです。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-19 17:09 | 飯山市 | Comments(8)

そろそろ帰る時間かな

陽が傾いて横から光が射すようになってきました。
もうすぐ暗くなります。
d0239781_15342548.jpg

今年の桜の撮影は2日間でした。
次の季節も楽しみですけど、やっぱり少々寂しいですね。
あと1回「桜」を紹介します。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-15 15:50 | 飯山市 | Comments(2)

イ・ソルジェ展示会「Secret」 岡山版

昨年最も衝撃を受けた作家の一人、イ・ソルジェ氏の展示会が岡山のギャラリーグロスで開催されています。
東京の四谷三丁目のギャラリーRooneeさんが岡山へ出張しての提供です。
d0239781_16373030.jpg

画像はRooneeさんのHPからお借りしました。
昨年4月にこのブログでソルジェ氏を紹介しています。
その時の文章です。
「油絵と写真の融合、ボールの中の山など独特の表現世界ですが見てて飽きません。
こなれていて自分のものにしきっています。
本物の才能とはこういうことだなと思いました。
素晴らしい展示会でした。
中でも花の向こうに女性が写っている作品が気に入ったのですが、その一枚を仕上げるのに
5年掛かったそうです。
芸術と呼べる、またこれから世界中で評価される作品群だと確信しました。」

会期:2014年5月12日(月)〜24日(土)
会場:GALLERY GLOSS & COFFEE
岡山県岡山市北区富田町2-10-18

お奨めの作家の展示なのでご紹介しました。
お近くの方は是非ご覧になってください。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-13 17:12 | 展示会紹介 | Comments(4)

そろそろ再開します

年を取って老化が進み、同世代の知り合いをぽつぽつと亡くし始めてからでしょうか。
自然信仰とか日本人の信仰などに興味を持ち始めたのは。
どうも死の存在を実感することで、明日の命を願うということが分かり始めた気がします。
祈りの対象である自然、祈りがカタチとして残っている神社や祭事を撮りたいと思うのは、こうした理由かな。

桜を撮りに来た時、新芽も綺麗に出始めていました。
後ろの川は千曲川です。
d0239781_15374095.jpg

雪上の桜もありました。
d0239781_15385011.jpg

頑張って生きてますね。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-11 16:12 | 飯山市 | Comments(0)

少しの間、更新休みます

大切な友人であるS氏が亡くなりました。

30年以上の付き合いで、良き理解者でした。

展示会の開催や写真集の出版の際には、最も喜んでくれた一人です。

ALSという筋肉が段々動かなくなる病気でした。

徳田虎雄氏と同じです。

治療方法は原因がまだ分からず、病気の進行を遅くするという薬を飲むしかありません。

徳田氏のように進行が止まる方もいます。

皆で症状が進まないことを願っていました。

しかし現実は残酷なものでした。

歩くことが出来なくなり、手を動かすこともできなくなりました。

特にショックだったのは食べることが出来なくなったと聞いた時でした。

胃ろうの手術を受け、流し込むしかなくなりました。

食べ歩くことが何よりも好きだったS氏が・・・

想像もできない闘病生活です。

最後にメールを貰ったのは去年の8月でした。

自分の分も頑張って欲しいというものでした。

これから葬儀などの日程が決まるとの事です。

少し更新を休みますが、なるべく早く再開します。

それがS氏の意にも沿うものだと思います。

S氏の冥福を祈りつつ。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-03 21:24