<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気多大社 @羽咋市

丹後から能登へ移動しました。
建御名方神(たけみなかたのかみ)は国譲りの争いに負け、島根半島の美保関から舟を出し羽咋市辺りの海岸へ着いたと伝わります。
海岸のすぐ近くにある気多大社へ。
d0239781_20094019.jpg
来てみて驚いたのは神社の案内板「能登を開いた大国主を祭神として祀る」と。。
そういうことか。
出雲の勢力下にあったとここまではっきりと言われるとは。
パズルのピースが一つ埋まりました。
上のしめ縄は大変独特なものです。
「右ない」か「左ない」かを分からなくしてあります。
真ん中の部分を締めるのも初めて見ました。
d0239781_17525007.jpg
気多大社は神社本庁に属さない単立社です。
伊勢神宮、籠神社など言うなれば勝ち組とは違う、大和とは別に生きてきた歴史を感じます。
d0239781_17531665.jpg
雰囲気がある神社です。
「入らずの森」という原生林が一万坪あるそうです。
その入口にある鳥居、森の木だかわからないくらい馴染んでます。
d0239781_17535585.jpg
建御名方神、その後の諏訪の伝承などから、出雲の人々を連れての逃避行ではと考えています。
その消息を追って来ました。
来たかいがあったようです。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-07-30 20:09 | 能登 | Comments(0)

丹後の国へ

丹後と大和は特別な関係にありました。
卑弥呼の墓とも言われる箸墓古墳には丹後の古墳の特徴が使われています。
また天橋立近くの籠神社(このじんじゃ)には日本最古の系図が伝わります。
そこにはヤマト・トトヒ・モモソ姫、日本書紀で箸墓古墳に祀られたとする人物の名前が書かれています。
海部氏の系図、76年に国宝指定となりました。

d0239781_21071267.jpg

丹後と大和の古墳の共通性。
系図に書かれる日本書紀の巫女と同姓同名の人物。
いつか来なくてはと思っていました。

写真は籠神社近くからのものです。
水の透明度が凄かった。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-07-28 21:43 | 丹後 | Comments(2)

「善光寺の謎」 電子本になります

先日こちらでご紹介しました「善光寺の謎」。アマゾンの電子書籍として本になります。
いま最終調整中です。
ただ契約の都合上、ブログ上の記事を削除する必要が出てきました。
「イイネ!」や「コメント」を頂きました皆様、申し訳ありません。
数日中に削除する予定です。

d0239781_15334215.jpg
皆様へ、いつも応援いただきましてありがとうございます。
この場にて御礼申し上げます。
またご案内いたします。
(同じ内容で若干写真が違うくらいですので、皆様が購入される必要はないと思います。内緒の話しですけど)
 

[PR]
by nosaphoto | 2015-07-21 15:49 | 電子出版 | Comments(0)

島根の花

黄泉比良坂で会った観光タクシーの運転手さん。
たいへん親切な方でどこに行ったかを聞いて、次どこに行くべきかを考えてくれました。
「ナカウミノダイコンジマニアルユシエン」
何のことだか全くわかりませんでした。
音だけを覚えておいて調べました。

「中海の大根島にある由志園」でした。
宍道湖の隣にあるのが海とは。初めて知った次第です。
行ってみると有料だし、面白くなさそうだったら帰ろうと思いながら、門を入ると品の良い庭が。
d0239781_16043626.jpg
ボタンは島根の県の花だそうです。
派手すぎるイメージを持っていたのですが、品の良いものなんですね。
「岩根絞り」です。なんか分からんけど。
d0239781_16045383.jpg
広い庭園で一年中、ボタンが咲いています。
d0239781_16050910.jpg
室内での展示もあります。
d0239781_16053206.jpg
島根の庭園は例によって見事なものです。
d0239781_16055805.jpg
訪れたどこの庭園もどこかで手入れをしていました。
職人さんの人数も多いのかも知れません。
d0239781_16061445.jpg
いつ行っても楽しめる場所だと思います。
d0239781_16063286.jpg
これだけの庭園が数多くある地域は他にあるでしょうか?
長く豊かな歴史が育てた文化だと強く感じます。
かつて銅鐸祭祀があり、前方後方墳を最後まで守った地。
また訪れて見ようと思います。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-07-20 16:38 | 出雲 | Comments(0)

梅雨明け間近? @戸隠

この時期に相応しいものをと思いストックから持ってきました。
台風もこのまま大きな災害なく去ってくれればいいのですが。
d0239781_15440866.jpg
信仰の視点、特に自然信仰でその地域の特徴を見るということを続けたいと思っています。
年を考えるとそんなに残り時間がないのが悩みの種です。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-07-17 15:57 | 戸隠 | Comments(2)