<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

御霊(みたま)灯篭祭

毎年7月30日、31日に善光寺の大勧進で行われる御霊灯篭祭りです。
たいへん静かなお祭りです。
d0239781_19184928.jpg
お盆(盂蘭盆会)が始まったのはいつかなと思い調べてみたら、
推古天皇(西暦609年)、仏教の伝来よりわずか半世紀ほどで既に始まっていたようです。
4月の仏誕会と共に日本で最も古い仏教行事です。

この件をもう少し詳しく知りたい方はこちらへ → 古代史の旅「7世紀の仏教による統治の始まりと終わり」
こういう話しは頭が痛くなるという方はこちら → 2014年版 善光寺の御霊(みたま)灯籠祭
 
 

[PR]
by nosaphoto | 2016-07-30 16:45 | 善光寺 | Comments(0)

さて夏休みへ

原稿、やっと終わりました。
去年の8月からほぼ一年の作業でした。
d0239781_17562731.jpg
飯山

その間は引きこもり状態だったので、8月に印刷が始まれば久しぶりに撮りに出ようかと思ってます。

 


[PR]
by nosaphoto | 2016-07-20 18:07 | 飯山市 | Comments(2)

はなちゃんを救う会


静岡県牧之原市在住の、岩倉花愛・はなちゃん(平成28年1月5日生:現在生後6か月)は、生後しばらくして「拡張型心筋症」という難病を発症しました。薬での治療は効果がなく、小児用の補助人工心臓でさえ負担が大きく、脳出血や脳梗塞など常に大きなリスクと隣り合わせです。治療方法は、海外での心臓移植しかありません。
しかし莫大な費用が掛かるために「はなちゃんを救う会」が募金活動をしています。
詳細はこちらをご覧ください。はなちゃんを救う会HP

d0239781_16151883.jpg


私も当初は日本で治療ができないのかと不思議に思っていました。
答えは「死」に対する考え方にありました。
ヨーロッパ諸国、アメリカなどは、脳死=死と法律で決められていること、また、死に対する考え方の違いなどから、ドナーがたくさんいるそうです。
しかし自分の家族が脳死と判定された時、呼吸をし鼓動がある時に全てのものに魂が宿るとする日本人はそれを死として受け入れるのは難しいことです。
2010年に臓器移植法が改正され15歳未満の子どもでも親の意思でドナーとして認められるようになりましたが、法律は変わっても、昔から根付く死に対する考え方は早々変わるものではなく、6歳以下の国内での移植はこの5年で4例です。
これから、少しずつ状況は変わっていくでしょうが、体の小さな赤ちゃんや子供が国内で移植をうけられるのは、本当にわずかな可能性です。
こういった理由で、海外での心臓移植が必要なのです

 
[PR]
by nosaphoto | 2016-07-12 16:24 | Comments(5)

8年前の美ヶ原

8年前の7月の美ヶ原です。
Amazon Photoの"This day"に出てきたので珍しく戸隠以外の場所に行ったのを思い出しました。
この日は強烈な日差しと時々それを遮る雲が飛んでいました。
少し撮るタイミングを見てました。
d0239781_21585536.jpg
この数年後の新聞の写真では鹿の大群が写ってました。
今はどうなのでしょう。

帰りがけ、黒い雲が突然出てきた時です。
d0239781_21575504.jpg
この後、道路が閉鎖されるんじゃないかと心配するほどの土砂降りでした。
と、ここまで書いても何でここに行ったのか思い出せません。
何しに行ったんだっけ??

 

[PR]
by nosaphoto | 2016-07-07 15:05 | 長野県 | Comments(2)

水里 飯山

本の件、最終の校正に入ってます。
もう少しピークが続きそうです。
d0239781_14071731.jpg
飯山の朝、少し冷え込んだ日でした。
標高800m位のところに雲海が広がり、寝静まった街の明かりが映りこんでいました。

今回の本を書こうと思ったのは、戸隠と飯山という自然を見比べてきたことが切っ掛けでした。
2つの風景を比べられるように、サイトのポートフォリオを変えてみました。

水内の自然
雨乞いの戸隠、豊かな水への感謝の飯山。風土が信仰を育てるいい例だと思います。

 

[PR]
by nosaphoto | 2016-07-02 14:21 | 飯山市 | Comments(2)