<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年5月21日の金環日食

展示会の紹介からちょっと寄り道です。
2012年の金環食の記事を見て何枚か撮っていたのを思い出しました。
戸隠奥社の随神(ずいじん)門です。

d0239781_15275945.jpg
木々の影がおかしくなっているのに気が付きました。
d0239781_15285215.jpg

かなり欠けてきたようです。
陽が強い所でも見えてきました。
d0239781_15293346.jpg
最後の写真は公募展などで公開したことがあります。
随神門の左下をアップで撮ったものです。
d0239781_15360222.jpg
今、最初の画を見直してみると既に日食が始まっていることが分かります。
戸隠は北に位置するために完全な金環食にはなりませんでした。

 



[PR]
by nosaphoto | 2017-05-21 15:42 | 戸隠 | Comments(0)

善光寺 - 祈り - 2~4/20

善光寺は無宗派です。
日本で仏教が各宗派に別れる前に建立されたためです。
明治政府が天台宗、浄土真宗に護持運営を依頼しました。
今は大勧進(天台宗) 大本願(浄土真宗)の2坊を代表に運営されています。
写真は大勧進の「灯篭流し」です。
d0239781_14465838.jpg
静かなお祭りです。
d0239781_14471862.jpg

今日と変わらぬ明日、子供の成長、亡くなった人たちを想う心を感じます。
d0239781_14480270.jpg
この子たちにも一生の思い出となり、次の世代に引き継がれていくのでしょう。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-18 15:02 | 展示会 | Comments(0)

善光寺 - 祈り - 1/20

5月2日(火)から7日(日)にかけて開催しました展示会「善光寺 - 祈り -」の展示作をご紹介します、
動画(スライドショー)も作ってみたのですが、どうも納得できるものになりません。
そこで一枚か数枚ずつこちらで説明することにしました。

第1回目は「善光寺 本堂」です。
この写真は特別な時ではありません。
毎日こうしてライトアップされた明るい本堂(国宝)を見ることが出来ます。
このようなお寺であれば夜にも参拝者が多いことも納得できるのではないでしょうか。
d0239781_17311570.jpg
夜の善光寺 本堂

山門から撮った一枚です。
本堂の前には狛犬、右はお土産屋さん、左の明かりはお守りの自動販売機です。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-17 17:47 | 展示会 | Comments(0)

写真展 閉会しました

本日16:00に閉会となりました。
多くの方々にご来場いただいたようです。(すいません、なにぶんほとんど在廊出来なかったので)
また遠い地からも応援をいただきました。
ありがとうございました。
善光寺や水内の魅力を少しでもお届け出来たとしたら幸いです。

今日は信濃町での一枚をご紹介します。
野尻湖を抱え多くの観光客で賑わいます。
その観光地から少し離れた田園風景です。
なぜだかこの場所に惹かれ定点観測のように通っていました。
雲がどんどん流れ、日向と日陰が珍しくはっきりと分かる日でした。
d0239781_17175703.jpg
信濃町は戸隠~飯山へ向かう途中にあります
(今回展示しました)

この画は透過光(画面)で見るよりも、反射光(プリント)で見た方が鮮やかという、また珍しい一枚なのでした。

「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-07 17:29 | 展示会 | Comments(2)

写真展 明日までです

今回の展示会も明日までとなりました。
多くの方々にご覧いただいているようです。
ありがとうございます。

写真は飯山の高社山(こうしゃさん)です。
写真は使わないと成仏しないという事で、今回は展示しておりませんがご紹介します。

d0239781_19505994.jpg
実は今日こそっと展示会場に行ってきました。
短時間しか居られませんので、品切れ気味の写真集を持ってこそっと見て帰ってきました。
Room1の「善光寺」の方です。

d0239781_19515443.jpg
「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-06 20:00 | 展示会 | Comments(0)

写真展 4日目

戸隠神社は5社から成ります。
善光寺から向かうと宝光社、火之御子社、中社、九頭龍社、奥社です。
写真は火之御子社です。
女人禁制の時代があったため、「巫女」ではなく「巫子」が神楽舞を奉納します。
d0239781_16062095.jpg
奥社に続く杉並木参道です。
d0239781_16064696.jpg

信仰があるからこうした山の中に人が住むのか、人がいるから信仰が生まれたのか。
鶏と卵の論争は今も続いています。

「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-05 16:23 | 展示会 | Comments(0)

写真展 3日目(折り返し点です)

水内に行くと自然がその地の信仰をカタチ作る例を見ることが出来ます。
写真の左側の新潟から吹き込む海風が千曲川沿いに上がって来て、右手の高社山と斑尾高原で阻まれるために、
雨・雪を降らせます。そしてなだらかな地形です。
その為にここ飯山は豊かな水と自然に感謝する信仰が縄文時代よりあります。

d0239781_17233516.jpg
飯山 鷹落山より

一方、戸隠の方は大きな水田は作れない、水を溜めることが難しい山岳地帯です。
大雨は災害を起こし、少雨は死を意味します。
竜神信仰から九頭竜信仰へと発展してきました。
二つの対照的な地と善光寺という初期仏教寺院が見られる貴重な場所です。
d0239781_17304285.jpg
大望峠
(2枚とも残念ながら、今回の写真展には出展しておりません)


「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-04 17:41 | 展示会 | Comments(2)

写真展 2日目

会場にはこちらの本も置いています。
なぜだろうと少々違和感を持たれる方も居られるかもしれません。
この本は神道と仏教、日本古来からの自然信仰との関係に触れています。
水内、善光寺を訪れた経験から着想を得ました。
d0239781_17564546.jpg


写真は戸隠神社 宝光社です。
素朴さが好きでよく訪れました。
d0239781_18003313.jpg
戸隠神社 宝光社
(今回の写真展に出展しています)

「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-05-03 18:20 | 展示会 | Comments(0)

写真展 初日です

多くの方々にお出でいただきましてありがとうございます。
会場で販売しております「写真集『上水内の四季』文芸社」が売り切れてしまいました。
ただいま在庫を急遽確認しております。

写真集の表紙に使いました桜咲く鬼無里松巌寺です。

d0239781_20530136.jpg
鬼女伝説が残る鬼無里「松巌寺」
(今回の写真展には出展しておりません)

「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。


[PR]
by nosaphoto | 2017-05-02 21:16 | 展示会 | Comments(0)

展示会 ポイント

来場予定の方から見るときのポイントなどアドバイスをというお話がありましたので、簡単にまとめてみました。

善光寺 ー祈りー
善光寺は都ではなくこうした山に囲まれた地で、なぜこれほどの大寺として現れたのでしょうか?
そこに思いを馳せていただければと思います。
私は貧乏人の自宅の一隅から始まったこの寺の庶民性。
水子観音など人々から上がってきたであろう祈りを受け止め、支えてきた仏教という枠にとらわれない柔軟性。
また京都の大寺では決して見ないであろう「むじな地蔵」などを平気で祀り、24時間365日人々が祈ることができる開放性
といった面を感じました。

d0239781_19201555.jpg
水内の自然
善光寺は今の場所に建立される前は飯田にありました。
なぜここに移って来たのか?
水内は信仰(自然信仰です)に篤い地であり、長野盆地は麻の取引で潤っており、信仰と経済の基盤があったためと言われています。
その自然の中に神を見る信仰がこの地で育まれてきた訳など、その一端を感じて頂ければと思います。
d0239781_19325744.jpg
「善光寺 -祈りー」

会期:2017年5月2日(火)-7日(日) 12:00-19:00(最終日 16時)
会場:Roonee247 fine arts / Room1
  東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 佐藤ビルディング4F
 カラー、小全紙20枚の予定です
Room2で「水内の自然」を紹介します。


[PR]
by nosaphoto | 2017-05-01 19:40 | 展示会 | Comments(2)