タグ:飯山 ( 76 ) タグの人気記事

写真展ご案内 (n+1)

段々と体調が良くなっているようです。
体調が良いと精神的にも安定しているので助かります。

昨日は戸隠神社でしたので、今回は飯山を紹介します。
戸隠や鬼無里は水が少なく、安定した雨を願う「雨乞い」の信仰です。
竜神から九頭竜信仰へと姿を変えて今も残っています。
ここ飯山は豊かな水をもたらしてくれる神に感謝する「水分(みくまり)」信仰です。
d0239781_17165351.jpg
千曲川の朝霧
(写真展には出展しておりません)

千曲川はこの先、栄村を抜け新潟に入ると信濃川と名前を変えます。

 

[PR]
by nosaphoto | 2017-04-10 17:31 | 展示会 | Comments(0)

飯山雪祭り

やはり原稿との戦いで今年は行けませんでした。
去年の写真です。

秋祭りで奉納される「大天狗の舞」ですが、雪まつりでも披露されるようになりました。
d0239781_17403168.jpg

すごい迫力で最近は外国の方の見学も多くなりました。
昨年はインドからの団体さんが目立ってました。
d0239781_17405134.jpg
松まつが燃えて短くなって来ると締めてある縄を切って、また振り回します。
この距離でも熱いので、火傷が心配です。
d0239781_17410784.jpg
水豊かな里でこそ出来る大きなお祭りだと思います。
今年は道路上に雪がないとのこと。
豪雪地 飯山も驚くほどの小雪です。

 

[PR]
by nosaphoto | 2016-02-15 17:57 | 飯山市 | Comments(0)

Instagram特訓中

ある写真家曰く
おじさんの特徴として ・インスタグラムが使えない ・すぐファインダーで撮ろうとする。液晶画面を使わない
と言うのがあるそうです。
2つともあてはまるなぁ。
で、インスタグラムを使い始めました。
d0239781_11400487.jpg
インスタグラムで驚いたのが、画像処理が激しい画が多いことです。
これも一つの表現として一ジャンルを作り始めているのでしょうか。
そこでちょっとデジタル加工で遊んでみました。
インスタグラムではこんな写真を中心にと思っています。
こちらのブログにアップする時はカテゴリ等で「インスタグラム」と分かるようにします。

もうひとつの「すぐファインダーで撮ろうとする。液晶画面を使わない」は当面このままかな。
皆さんは液晶画面で撮れますか?
 

[PR]
by nosaphoto | 2015-05-27 11:51 | インスタグラム | Comments(2)

祝!北陸新幹線開業 @飯山

今日開業ですね。
昨日の飯山駅の前夜祭も盛況だったと聞きました。
路線バスが廃止される所があるなど、影の部分もありますが、全体として多くの方が訪れるようになり、
地元の方々も新幹線が来て良かったと思えるようになればと祈っております。

飯山に初めて来られた方々がどこに行くかなと考えると、雪国の小京都と呼ばれるくらいですので、やっぱり寺でしょうか。
幾つかの寺を廻って見ました。

山門 西教寺
これでも例年よりは少ないようです。
d0239781_15344785.jpg
鐘楼 西教寺
この日、少し暖かくなって雪が落ちました。
凄い音です。
d0239781_15351007.jpg
庭の池 正受庵
凍って上に積雪でほとんど見えませんが。
d0239781_15353322.jpg
本堂への道 称念寺
紅葉で有名なこの寺も冬は雪に埋もれてます。
d0239781_15370653.jpg

雪の後の青空は楽しみの一つです。
d0239781_15362223.jpg
2月の終わりの写真なので、雪ばっかりですけど。
これじゃ誰も来なくなるよと言われるかな。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-03-14 16:17 | 飯山市 | Comments(4)

飯山 雪景

雪雲が迫ってくる中、飯山らしい昔話に出てくるような景色のこちらへ移動しました。
d0239781_16015245.jpg
暗くなったと思ったら、あっと言う間に吹雪でした。
東京だと何日も前から雪が積もるって大騒ぎですけど、こちらは日常ですね。
JR東日本の車が青いサイレンを回しながら駆け抜けていきました。
d0239781_16044282.jpg
で、この時何故か思い出したのがお地蔵様でした。
東北の震災の翌日12日の朝4時頃に栄村の大地震が起きました。
その時に飯山にあるお地蔵様が、人々の無事を願って栄村の中心部の方へ向きを変えたいう六地蔵です。
埋もれてました。
d0239781_16023615.jpg
お地蔵様は左から六つ、以前はこちらの方を向いていました。今は左手の方を向いています。
一番右は濡仏(屋外の仏像)です。
昔話の笠地蔵は何となく雪深い地方の話しだと思っていました。
違うのかな?
笠じゃぁ役に立たないですね。

写真、少々見にくいかも知れませんが、名前を入れてます。
先日不正使用がありまして、面倒だけどなるべく入れるようにしました。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-03-07 18:03 | 飯山市 | Comments(8)

是の国に @飯山

「是の国に居らんと欲(おも)ふ」とは、天照大神が伊勢の国へ言った言葉でした。
こうした景色を眺めていると、このままここに居たくなります。
d0239781_17415365.jpg
この後、前方に見えている日本海からの雪雲が思いのほか速く迫ってきて、吹雪に様変わりしました。
日本海側の天気は目まぐるしく変わりますね。
その時の様子はまた後日ご紹介します。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-03-05 11:35 | 飯山市 | Comments(6)

不思議な霧 @斑尾

不思議な霧でした。
飯山に向かう途中、斑尾に寄ってみると標高の高いところで霧が出始めました。
霧の中に入ると目を開けられないくらいの眩しさです。
霧から出ると普通の曇り空です。
d0239781_15512160.jpg
とにかく一枚撮ろうと思い、近くの木を一枚撮りました。
不思議な現象でした。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-02-19 16:04 | 上・下水内 | Comments(4)

水里に見る夢 @飯山@信濃町

12月の個展で展示した写真をスライドショーにしてみました。
水豊かな里として、飯山・信濃町を中心に紹介しています。
1分40秒ほどです。



この後、もっと多くの写真の紹介や地元の方々にどう伝えていくか思案中です。
戸隠の時のように写真集にするか、長野のギャラリーで展示会を開くかかな。

 

[PR]
by nosaphoto | 2015-01-29 20:51 | 飯山市 | Comments(0)

写真展「水里に見る夢」 12月2日からに決まりました sanpo

個展の概略が決まりました。
題名:水里に見る夢
 日本は四季の変化が大きくはっきりしている、地域差も大きいと言われます。
 そのため自然と人が作り出してきた景観には地域ごとに各々特徴があり、表情があります。
 今回は水豊かな里である長野県飯山市、信濃町の写真を展示します。
場所:ルーニィ247フォトグラフィ
 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
 最寄駅は四谷三丁目駅です
日時:2014年12月2日(火)~7日(日)
撮影者:斉藤登  構成:篠原俊之

まだまだ先ですので内容についての詳細とか追ってご紹介していきます。
d0239781_15442329.jpg

このところ大量のプリントをして、ブック(アルバム見たいなもの)を作ったまではお話していたかと思います。
その後どんな展示なのかを紹介する文章を作ってました。
テーマを言葉にしていく訳です。
厄介なものですが、なぜ撮ってきたのか、何を撮ったのかなど説明していますので、どの写真を最終的に選ぶのかの指標にもなりますし、DMやプレスリリース原稿の元ネタにもなる重要なものです。
今はこれらを何とか作り終えて、展示構成を相談するディレクターとの打ち合わせで大体の展示会のイメージが出来上がった、というところです。
撮り手は苦労して撮った一枚に思い入れがあり、この写真は展示しないという決断が難しい時が良くあります。
見る側に立っての選択や展示順序など決めていくために信頼できるディレクターの存在は大変ありがたいものです。
ディレクションの重要性についてはまた今度お話しするようにします。
今回も構成はルーニィの篠原俊之氏にお願いしております。

写真は信濃町のそば畑です。
展示候補の一枚ではありますが、最後まで残るかどうかは分かりません。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-06-30 19:32 | 展示会 | Comments(2)

個展は12月を目指して検討中

大量のプリントをして展示会の打ち合わせを始めました。
どうも12月辺りで開催かなという感触です。
しかし常にプリントまで詰めておかないとダメですね。
ディスプレイの透過光ではOKでも、プリントして反射光で見るとNGなんていうのが何枚か出てきます。
少なくても季節ごとに一度は見直して、ブックを作っておかないとプリント地獄です。

てことで、東京地区に縛り付けられてるので写真は去年の飯山の菜の花です。
散りかけの夕方でした。
d0239781_15324980.jpg

展示会についてはまたお知らせします。

 
[PR]
by nosaphoto | 2014-05-29 16:13 | 展示会 | Comments(0)