善光寺地震の日

そうなんですね、朝日新聞を見て初めて知りました。
▼災害列島のこの国には、1年のどの日にも、大小の自然の爪痕(つめあと)と、人々の涙が
刻まれていよう。
旧暦のきょうは、江戸の末期に長野で善光寺地震が起きている。街はつぶれてから燃え、
何千人もが落命したという。  3月24日 朝日新聞 天声人語より

d0239781_12301594.jpg

「宣誓。東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、
苦しくて心の整理がつかず、今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみに
暮れている方がたくさんいます。
人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。
しかし、日本が一つになり、この苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな
幸せが待っていると信じています。
だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、
日本の底力、絆を。
我々、高校球児ができること、それは、全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。
今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」
石巻工 阿部主将選手宣誓の全文です。
球史に残る宣誓です。
[PR]
by nosaphoto | 2012-03-24 12:45
<< まだ雪が残ってますが、春です 東京でも梅が一気に咲き始めてます >>