GWの花、今回は丹霞郷(長野県飯綱町)の桃です

d0239781_22255497.jpg

d0239781_22273434.jpg

飯綱町の丹霞郷(たんかきょう)です。
10haの広さに約1500本の桃木があり、昭和8年洋画家岡田三郎助が「まるで丹い
霞がたなびくようだ」と言ったことから「丹霞郷」と命名されたそうです。
北信五岳の残雪を背景に薄桃色の桃の花が美しく咲きます。

この辺りでは桃の他に、葉が出始めてますが桜と、リンゴの花前線が標高の下の方(街中)
から上がってきてます。
午前中までは天気も良く、贅沢なGWとなりました。
次回は桜と午後の大雨を紹介します。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-05-10 23:25
<< 最後の桜ネタ 信濃町称名寺 小鳥ヶ池の光の粒 >>