人気ブログランキング |

海を照らして依り来る神あり

大国主が国造りを始めてしばらくすると、パートナーであったスクナビコナに去られてしまいます。
「これからどうするか。一人じゃとってもやってけないしなぁ」とぼやいていると
海を照らして依り来る神あり、大物主の登場です。

d0239781_17502545.jpg
出雲大社のすぐ近くの稲佐の浜でこの光景を見た時に思い出したのが、古事記のこの一文でした。
ここはこの後、タケミカヅチが大国主に国譲りを迫る場所です。
「否、是」(いな、さ)と迫ったと云われます。

 

by nosaphoto | 2015-12-28 18:02 | 出雲
<< 明けましておめでとうございます 荒神谷遺跡 >>