2012.03.11

今年で5年経ちました。
恒例として紹介しています「東日本震災」から1年後、2012年の陸前高田を中心とした記録です。
津波で破壊され、何も残っていない町と何事もなかったかのような自然が隣り合わせにあり、
不思議な感じを受けました。



最後の画は塩抜きのために田んぼに水を入れているものです。
塩が抜けるまで何年掛かるか分からないとの話でしたが、今はどうなのでしょうか。
陸前高田は土地のかさ上げ工事ですっかり様変わりしているようです。
来年、再訪してみようと思います。

 

[PR]
by nosaphoto | 2016-03-11 16:59 | 東北
<< 古事記に関する本の出版が決まりました 飯山雪祭り >>