神社と寺の構成要素

伊勢の内宮です。
この神社は「しめ縄」がありません。
人の頭の辺りに注目ください。
d0239781_16080064.jpg
2016年4月撮影

「榊」を使うのです。
d0239781_16081978.jpg
同上
出雲大社です。
一度見れば忘れられない大きなしめ縄です。
d0239781_16085795.jpg
2015年3月撮影

下の写真は出雲の神魂(かもす)神社です。
拝殿があり本殿が繋がる大社造りの構成がよく見えます。
伊勢神宮は建物の広い方に出入り口を作る平入りで、出雲は狭い方から出入りする妻入りです。
しかしながら神社の三大構成要素である鳥居、本殿、ご神体はしっかりとあることが分かります。
d0239781_16092739.jpg
同上

寺はどうでしょうか。
善光寺です。
d0239781_16295147.jpg
2015年5月撮影

寺は山門をくぐると本堂があり、中にご本尊が置かれます。
鳥居、本殿、ご神体の神社と構成要素が一致します。
これは偶然ではありません。
このことから神社の起源を明らかにすることができます。




 

[PR]
by nosaphoto | 2016-10-27 18:01 | 古事記
<< 個展 開催します 弥生の森歴史公園 >>