カテゴリ:展示会紹介( 13 )

疑惑の一枚見て来ました キャパ・ゲルダ展

昨日(2013/02/03)のNHKスペシャルご覧になりましたでしょうか?
スペイン内戦で撃たれた兵士が倒れる瞬間を捉えたロバート・キャパの一枚「崩れ落ちる兵士」のやらせ疑惑を扱っていました。沢木耕太郎氏が従来調査してきた内容がベースになっています。
こちらのサイトで概略紹介されてます。
以前からネガやオリジナルプリントがなく、キャパ本人も説明をしないなど疑惑が根強くありました。
番組での結論は、これは軍事演習を撮ったもので、誰も撃たれてもいないし死んでもいない。
兵士は足をとられて滑っただけだった。
撮ったのはキャパではなく、公私ともにパートナーだったゲルダ・タロー。
この写真を撮れるのは、ライカを使っていたキャパではなく、ローライフレックスのゲルダでなければならない。
ゲルダは「崩れ落ちる兵士」がLife誌に掲載され有名になる前に戦地で死亡してます。
疑惑は聞いていましたが、ここまではっきりと結論が出てくるとは・・・
結構ショックでした。
いま横浜美術館で二人の写真展が開かれています。
早速行ってきました。
展示会のキャプションでも沢木氏の説が紹介されていました。
良く知られている説なんですね。知らなかった。
 ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家
 横浜美術館にて。3月24日まで
あの写真は本当に撃たれたところではなかったかも知れませんが、二人の命がけで撮った写真の価値は変わらないと思いました。
お奨めです。
d0239781_17385123.jpg

写真はキャパの「D-Day(ノルマンディ上陸作戦)」の一枚。東京都写真美術館の外壁にあるものです。
敵に背を向けて立ち上がって、味方の兵士を撮るとは。
やはり自殺願望もあったんでしょうね。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2013-02-04 18:05 | 展示会紹介

噂の北井一夫展「いつか見た風景」見て来ました 都写美

d0239781_2148312.jpg

少々時間が出来たので、写真展回って来ました。
写真は恵比寿の東京都写真美術館(としゃび)です。
ここで第1回木村伊兵衛写真賞の受賞作家、北井一夫「いつか見た風景」展見て来ました。
マスコミでも流れましたのでご存知の方も多いかと思います。
初期の作品から最新作まで展示されています。
私は安田講堂が占拠された時は小学生でこの時代、世情に対する思いは余りありません。
しかし北井氏の写真は圧倒的な存在感、そこにあった現実を感じさせます。
「過激派」シリーズの時には、日大芸術学部に学生と一緒に泊まり込み生活し撮ったとのこと。
必見です。
成田闘争の「三里塚」、労働者の日常「神戸港湾労働者」など代表作も多くあります。
1月27日までですので取り急ぎご案内まで。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2013-01-18 11:19 | 展示会紹介

究極の一枚、見て来ました

恒例の長谷川等伯「松林図屏風」の展示が始まりました。
1月か12月に2週間ほど展示されるので毎年行くようにしてます。
上野の国立博物館です。
写真は正面玄関を入った所にある活花です。
これも毎年の楽しみです。
池坊の方の作です。
d0239781_17255788.jpg

究極の一枚、松林図屏風は国宝展示室にあります。
いつ見ても衝撃を受けます。
シンプルですが力強く、リズム感もあり、多くを語ります。
人類の財産とも言えるこの画を見られるのは幸せなことです。
d0239781_17555474.jpg

d0239781_17354544.jpg

椅子に座ってずっと見入っている方もおられます。
一度この不思議な世界を体験してみてください。
外国の方も多かったなぁ。
東京国立博物館(トーハク)にて1月14日まです。
22日からは「書聖 王羲之」展が始まります。
こちらは究極の書です。
これも行かなくては。

 
[PR]
by nosaphoto | 2013-01-08 18:14 | 展示会紹介