カテゴリ:戸隠( 41 )

朝陽が射し始めた鏡池です

昨日に続いて戸隠鏡池です。
戸隠山の上の方が赤くなり始めました。
d0239781_1749534.jpg

いつも気にしている木です。
霧が濃すぎてほとんど見えないこともあるのですが、今回はいい具合いに見えました。
d0239781_1791123.jpg

ここに光が当たる前に帰ってしまう方が多くおられます。もったいない。
望遠持ってないのかな?
d0239781_1710881.jpg

光りが充分に入ってくると霧が消えていき、色が出てきました。
d0239781_1710251.jpg

今度は雪の降る前、落葉のころに来ようと思います。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-10-24 17:51 | 戸隠

戸隠 鏡池の紅葉。人気があるはずですね

戸隠の人気スポット鏡池に行ってきました。
天気は下り坂ということでしたが、夜着いた時には満天の星でした。
d0239781_16172872.jpg

夜が明けはじめた頃、少し霧が出てきました。
幽玄さを感じる一番好きな時間帯です。
d0239781_16191694.jpg

陽が上って来ると、霧もなくなりました。
急に暖かくなってほっとします。
d0239781_1755550.jpg

紅葉は今が見頃で訪れる方も多いですが、落葉のころもお奨めです。

 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-10-23 17:35 | 戸隠

戸隠の紅葉 今週末見頃かな

d0239781_11425729.jpg

Facebookやtwitterを通じた地元の方々のお話しによると、今週末辺りから戸隠は見頃になるのではとのこと。
週末の朝でも狙ってみます。
去年、一昨年と赤があまり出なかったので今年に期待してます。
ただ朝は7度くらいまで下がっている様子。
一年で一番寒く感じる時、冬の装備が必要です。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-10-08 12:21 | 戸隠

日本書紀にある水内の神は戸隠のこと(?)

戸隠竜神考-隠された原祭神を追う- 宮沢和穂著 長野銀河書房を読んでみました。

【要約】
戸隠は密教、修験の歴史が長いが、いくつかの文献によると原祭神は竜神だった。
日本書紀 持統天皇の文にある「水内の神」とはこの竜神、つまり戸隠ではないか。
なぜなら法隆寺や東大寺など全国に5枚しかない牙笏(げしゃく、象牙で作った笏)の一枚がここにある。
これほど貴重なものが戸隠神社にあるにはそれだけの理由があるはず。
また戸隠は水内の水源地でもあり、重要な信仰対象だった。
その後竜神は降雨の神、治水の神、農業の神として祀られ、九頭龍神へと変容した。
d0239781_16284016.jpg

戸隠神社に行ってみると九頭龍信仰を非常に大切にしてきたことが分かります。
この地は奥が深いです。
写真の狛犬の後ろにあるのが九頭龍社で、奥社はこの右手のすぐ近くです。
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-10-02 17:51 | 戸隠

紅葉までもう少し 鏡池

戸隠でどこに行きたいと聞くと必ず名前が出る鏡池。
4人のゲストをお連れしました。
段々と緑がやさしい色になってきてます。
d0239781_18341577.jpg

秋の色もちらほらと出て来てました。
d0239781_18343698.jpg

いつ来ても違う表情を見せてくれます。
d0239781_1835092.jpg

人気があるはずですね。
紅葉まではあと2週間くらいでしょうか。
楽しみです。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-10-01 18:47 | 戸隠

戸隠で新そば食べてきました

東京から知り合いが4名来られたので戸隠へ。
そばは既に収穫済みです。
d0239781_1926759.jpg

今回は戸隠神社中社と奥社の間にある「そばの実」さんへ行きました。
幸運にもあまり待たずに入店。
d0239781_19373889.jpg

やっぱりいいですね。たいへん瑞々しいそばでした。
d0239781_19283051.jpg

戸隠そばの特徴というのがウイキペディアに出てました。
・「ぼっち盛り」と呼ばれる独特の盛り付けをすること
・根曲り竹で編まれた円形のざるに盛ること
・「ざる」であっても海苔がかけられないこと
・天ぷらには地元で獲れる山菜類がふんだんに使われること
等々
そうなんだ。ボッチ盛り以外は知りませんでした。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-09-30 19:55 | 戸隠

そばの花(2) 戸隠

朝の柔らかい陽射しで輝いてました。
戸隠の山々もよく見えます。
d0239781_2024016.jpg

戸隠の祓沢です。
このそば畑のすぐ左側を戸隠古道が通っています。

[PR]
by nosaphoto | 2012-09-02 20:27 | 戸隠

戸隠 柱松(はしらまつ)神事に行って来ました(7/28)

3本の柱松の着火順・燃え方・倒れた方角により世情を占うという神事で、戸隠神社 中社で
先週の土曜日行われました。
3年に一度だそうです。
d0239781_207669.jpg

戸隠神社にこんなに山伏の人達が集まっているのは、はじめて見ました。
d0239781_20891.jpg

天狗に入峰を許された三人の山伏が修行の後、験比べとして火を付けます。
中院、奥院、宝光院の順に点火されました。
d0239781_1734879.jpg

d0239781_17344330.jpg

代々伝わる巫女舞も行われました。
神楽を外で見られる、つまり撮影できるのはこの時だけじゃないかな?
d0239781_17351390.jpg

占いの結果は天下太平とのことでした。
明治時代に「戸隠山顕光寺」から「戸隠神社」となったわけですが、今回の神事を見て
以前の姿を目の当たりにしたように思いました。

 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-07-31 20:10 | 戸隠

「戸隠に行ってきました」って、

言われました。
昨年と同じ病院に入院したのですが、前回の入院時にポストカードにした戸隠の写真
何枚かを置いてきました。
そうしたら今年、「写真見て行って来たんですよ」って何人かの看護師さんに言われました。
びっくりしました。
写真を見てここの良さを知ってほしい、出来れば実際に行って見てほしいといつも思って
いますが、本当にそうなるとは・・・
今年雪が溶けた4月頃に行かれた方が多いようでした。
d0239781_16425012.jpg

AMA(アマテラス)展に出すのは戸隠 鏡池の3枚です。

昨日包帯が取れてやっとまともに靴が履けるようになりました。
本格的なリハビリ開始します。
 
 
[PR]
by nosaphoto | 2012-06-13 17:25 | 戸隠

戸隠の新緑 Part2

毎年菜の花が咲く場所があるのを思い出して寄り道。
結構急な斜面に咲いてます。
菜の花は春の名脇役って感じでしょうか。
d0239781_1939622.jpg

善光寺と戸隠神社を結ぶ戸隠古道。
いつも秋に来ていたのですが、夏以後は道に草が生えるので春の方が撮りやすいな。
d0239781_19251025.jpg

古道を辿ると最初に着くのが、戸隠神社 宝光社。
雰囲気ありますね。
冬はアイゼン付けて滑らないように上がる石段も、今は普通に歩けます。
d0239781_20332396.jpg

新緑満開の季節です。
[PR]
by nosaphoto | 2012-05-24 22:43 | 戸隠